ゆるっとキモノと、ビールと。

ハレではなくケ。ゆるっと着物を着て、楽しくビールを飲めたら最高。

『粋かわいい』の破壊力。

前回の記事『ここ数年の浴衣のトレンドを振り返ってみる、と。』の若干続きです。 

itgreco.hatenablog.com

 前記事にも書いた通り、今年のトレンドは①レトロ②古典③はんなり④粋、らしく、『粋』という単語は割と一般的に認知度が高いんだなーと思う夏です。

 

しかし、毎年夏に襲来するこのフレーズがあります。

『粋かわいい』です。

個人的には毎回吹き矢がひゅっどすっうっ!と刺さったかのような破壊力を感じます……粋で可愛いってなんだ?( ˙-˙ )

 

 

粋。

《名・ダナ》

さっぱりした気立てで、あかぬけがし、色気(いろけ)もただよう(特に、花柳界の遊びに通じている)こと。そういう感じのする身のこなし・様子。

 

ちなみに民俗学者九鬼周造の『いきの構造』では、粋とは『媚態』と『意気地』と『諦め』の三要素と言っています。

運命によって「諦め」を得た「媚態」が「意気地」の自由に生きるのが「いき」である」 

 

着物で言えば、江戸時代には贅沢禁止令が出されていました。 「はんなり」や「豪奢」といった上方文化(京都や大阪)への憧れもあっただろうに、贅沢禁止令。身分や時代によってもちょっと違いますが、素材の制限(木綿・麻・紬・絹)や手法の制限(金糸や刺繍、惣鹿子)、色の制限、販売価格の制限なんかもありました。

ここで「えー、私たちも華やかなの着たいのにダメなの?しくしく」ではなく、「だからなんだってんだい!一見地味なこの色こそ美しいってもんだろう?」ともはや美の基準自体を変えてしまう。大量の縞のバリエーションを作ったり、チラリズムを極めてみたり。あぁなんて格好いいんだろう!この惚れ惚れさせる意気地こそ、粋なんだと思うのです。

 

井嶋ナギさんの『色っぽいキモノ』では、

「粋」というのは、究極のストイックな美意識であって、「はんなり」とか「上品」とか「華やか」とか「かわいい」とか、そういうものとはまったく逆のベクトルを持ったものです。たとえば、模様なら、無地や縞。色なら、黒や青や茶色。

と書かれていますが、まさにそれ。庇護欲を煽るような可愛さではなく、セクシーな意気地。いいなぁ、こんな感じにいつかなってみたいものです。

 

して、浴衣でいえばどんなのが粋なんでしょう。

f:id:itgreco:20170624210000j:plain

 手持ちでいえばこれが限界でした(笑)。紺の綿絽の浴衣に、臙脂の博多献上。白いトンボが大量発生してますが、これくらいシックならok?

 

f:id:itgreco:20170624210050j:plain

こちらは紺のコーマ地に、ポリエステルの赤帯。亀甲ですが、中に白字や時たま薄ピンクでお花が敷き詰められています。でもやっぱり亀甲って強いですよね。赤帯は三角形の鱗模様。裏は黄土色に桜柄の昼夜帯です。

 

でも手持ちの浴衣はさておき、私自身が人間的に粋まで達していないので、粋な着こなしは難しいかもしれません(笑)。だってまだ諦められないこといっぱいあるもんなー。。。まだまだ先は長いですね。

ここ数年の浴衣のトレンドを振り返ってみる、と。

会社の後輩に「今年のファッションの流行ってなんでしたっけ?」と言われ。「刺繍、サッシュベルト、盛り袖、抜き襟、ボタニカル柄、カラフルなフィッシュテールスカート……」と並べていたら何でそんな知ってるんですか!と言われました。まぁ流行と程遠い感じで生きてますしね、でもリサーチだけはかかさないんですよ♪

 

洋服に流行りがあるように、キモノ、特に浴衣にも流行りがありますね。毎年浴衣特集組まれるし。一応知るだけ知っとこ!と思ってリサーチしてみてます。

今年はレトロ、古典、はんなり、粋とのこと。……ん?なんだこの定番の単語は?

ぶっちゃけあまり変わり映えのないトレンドな気がしなくもない……。という訳でここ数年の浴衣トレンドを調べてみました。調べてみたといってもGoogle検索でトップの方に出てきたニュース・ブログ・まとめサイト等々から単語をピックアップしてきているに過ぎないんですが。特定の雑誌とかで毎年組まれてる企画から拾えるといいんですけどね。信憑性低くてすみません。

f:id:itgreco:20170620233511j:plain

こう見ると、今年のトレンドは昨年とそんな変わらないというか。もう定番どころに落ち着いたっていう感じなんでしょうか。勿論色んなメーカー・お店・ブランドが新作は出していますが、一般的なところでいえばもう劇的な変化は来ないのではないかとすら思えますね。

 

2012年に着物風と入れていますが、着物風の着方は2009年位か、もうちょっと前からあったような気がします。いつだったっけなー。最初の頃は随分猛反発があったのを記憶していますが、どんどん夏着物(というか単衣)と浴衣との境目が曖昧になっていって。この辺りはポリエステルの浴衣の素材感アップが功労者なんでしょう、セオαとか。今では「浴衣を着物として着るなんて!」はあまり聞かないですね~「着物風に着るのに似合う浴衣・浴衣として1枚で着た方がいい浴衣」みたいにコーディネート指南の方が多いかと思います。

 

更にその前はレース襟や大人の兵児帯帯締め(というか帯飾り)といったデコラティブな方面だったかと……こう振り返るとなんだか懐かしいですね(笑)

 

さて振り返ってみた私ですが。

以前はそれこそ「夏着物とか面倒そうだし、兼用できるならしたい!」という派でありました。が。年を取るにつれて「やっぱり浴衣は浴衣然としている方が魅力的かな」という派に流れてきました。

f:id:itgreco:20170621000340j:plain

こちらは松田恵美さんの『きもの番長』の1ページですが、この左くらい浴衣!な感じが素敵。

黒地や紺地の綿絽だったら兼用してもいいけれど、それ以外はあくまで浴衣として着たいですね。そして夏着物は夏着物として、浴衣よりもなめらかに、するりつるりひらりと繊細に着たい……。うん、完全に贅沢に手を出しているだけでありました。

  

流行りの刺繍……?

すっかり体調を崩してへばっておりました。

喉痛、エンドレス鼻水、痰、喘息手前の咳……るんるんキモノが着れない(泣)

今シーズンどれだけ単衣を着れるかな〜♡と楽しみにしていましたが、しょっぱなからやられていたのでした。

 

今回は風邪引き前に着た木綿の単衣です(*´∀`)♪

f:id:itgreco:20170606225646j:plain

長着:木綿の単衣(黒に幾何学模様)

襦袢:いつもの半襦袢

半襟:いつものてぬぐい

帯 :正絹半幅帯(小豆色?に百合柄)

帯締:黒にラメ

帯留:亀

 

……ちょっぴり地味ですね(笑)

 

ちなみにこの亀の帯留。一応本鼈甲みたいなんですが、欠けてる。欠けてる気がする。どう考えてもやられてる……ぱっと見分からないんですけど負傷してます。泣。

 

この半幅帯は季節的にはばっちりみたいですね!あんまり気にしたことなかったけれど百合って夏のお花か。ばんばん締めて行きます。

 

 

さて今回のタイトルの刺繍。今期本当に流行ってますよね。エスニック・オリエンタル・フォークロア、なんでもござれ。私は民族衣装に狂喜乱舞する人なんですが、染めよりは織りや刺繍が好きかな?西・東アジアの美しさったらもうね、国立民族博物館で不審者じみた行動を取ってしまった位に大好きです。

 

そしてキモノの刺繍も美しい。

そして今回のキモノも実は刺繍なんです。

 

針と糸の手縫いではないので正式になんていうか不明ですが……謎の織りというか……兎に角裏側が凄いことになってるんです。そう、信じがたい話なんですが、この幾何学模様、全部プリント(染め)じゃなくて、糸で作られてるんです。

 f:id:itgreco:20170618215324j:plain

最初ダンボールに入って届いた時、はい、正直に笑いました。だってこんなの反則でしょう?何を考えてんだ!って言いたくなるくらい……プリントしちゃった方が簡単なんじゃないの?当時そんな技術なかったの?いやいや江戸小紋とかめっちゃ細かいじゃないですか、できたよね?そんな糸でやらなくてもできたよね?本当に笑うしかない。。。

 f:id:itgreco:20170618222447j:plain

でもこれはこれでいいネタなので(笑)大切にしていきたいです。洗濯もネット入れちゃえば問題ないしね。大活躍してもらいますよ、よろしくね。

季節限定はキモノだけではなく……

6月になってしまいました。なんてこった!途端に気まぐれな雨、落雷。折り畳み傘が必須な季節です。足元はブーツも雨下駄もばっちり、心強い。

 

我が家の手ぬぐいも梅雨入りです。お寺と紫陽花。

f:id:itgreco:20170601233346j:plain

新宿駅にあった好きなお茶屋さんがなくなってしまったため、近所の駅ナカで購入しました。季節感ある揃えだったから閉店しちゃってショック。。。まぁでも新宿は東急ハンズもモザイク通りにもあるからね。次行こ、次!\(^o^)/

 

紫陽花はキモノの柄にもありますね。浴衣なんかは夏だからいいですが、結構時期が限られそう……それだけこの梅雨時期のイメージが強いんだろうなぁ。しとしと、さーっと降る雨、かたつむり、雨垂れ……風流なんですけどね。

 

そしてその季節限定はキモノだけにあらず。

f:id:itgreco:20170602083237j:plain

左は七宝焼きのネックレス。ばばんと紫陽花。母親譲り。ぷっくり、つやつや。好きなんですけど普段ネックレスをつける習慣がないので(ピアスとブレスレットくらい)毎年気づくとシーズンオフに(笑)今年はこのタイミングで思い出せたからいっぱい使えるかな?なんならキモノに使えないかしら(*´∀`)

 

右は和菓子テイストの根付。落雁みたいな紫陽花と、金平糖と、金魚。こちらは金魚がついてる分夏まで行けそうですね!こういう幅広のアイテムって便利。それでも紫陽花単体のアイテムに惚れ惚れしちゃうのは、やっぱり限定だからこその憧れなんでしょうか。季節は移ろい、儚い。そんな時間を感じて身に纏いたい。オールシーズンOKなキモノばっかりな癖に、そんな贅沢もしたくなってしまうのでした。

f:id:itgreco:20170602144710j:plain

 

 

昼夜で気温差があるうちは安心のしじらで*

あっという間に5月も終了。春というより一気に夏モード。でも朝夕はまだかなり涼しくなりますよね。寒がりで寒暖の差に弱い私(通称:寒暖差アレルギー)としては薄手の長袖くらいの格好でいたいところです。肩とか出せない。おなかも冷やせない……。

 

そんな時は君に決めた!しじらの出番です。

透け間のない綿で、でもぽこぽこしているから肌にべたつかず、さらっと着れる。夏着物カテゴリーにもされますが、さすがに真夏は厳しいなー。でもこの位の時期の単衣としては優秀なので、ちょっと暑いかもな時期にはついつい手が伸びてしまう子です。

f:id:itgreco:20170529003722j:plain

長着:単衣の阿波しじら

襦袢と半襟:いつも通り。。。

帯 :麻の紅型調の半幅帯。

帯締:夏もののレース帯締め

 

帯は去年に大塚呉服店からお迎えしたもの。今年も販売してましたね。青系ですが色んな色が入っているので合わせやすいです。桃色の帯締め入れて見たら、お、アクセントになって良い感じ(*^_^*)

f:id:itgreco:20170529003556j:plain

何も考えずに「帯締め・夏用」位のノリでネットショッピングのかごに突っ込んだのですが……帯留したかったら三部紐じゃないか!という当たり前のことに全く気付いていませんでした。名古屋帯締めないし、帯締めも使わないもんね……紐位にしか考えてませんでした、失敗した(@_@;)でもこれはこれで可愛いからいいですよね?結び方も見よう見まねだけど(笑)

 

ちなみにこの日、上野公園に行ったらさつき祭りが開催されていました。

f:id:itgreco:20170529004155j:plain

ぱっと見「ツツジ?」と思っていましたが時期が違いましたね。つつじ科つつじ属の一種とのことなので、一応親族ではあるみたいです。さつきの方が小ぶりで葉が硬く、盆栽向けなのだとか。確かにさつき祭りは盆栽の展示でした。

f:id:itgreco:20170530105242j:plain

何をどうしたらこんな形になるんだ……!盆栽の世界は本当に奥深いんだなぁと思います。私は観葉植物を育てるのすら必死なんですけどね。

SNS時代にキモノの価値が上がっているらしい

Facebookのタイムラインを見ていたらこんな記事が流れて来ました。

 

SNS時代にキモノの価値が上がっている』

 

この紹介文を読んで、「そうか、キモノを着た⇨SNSにあげるではなく、SNSにあげたい⇨キモノを着る、みたいに結果と目的が入れ替わって逆転の発想でキモノを着るようになるのか。ゆるっとキモノのブログを書いてる身としては気をつけなくちゃなぁ……」とか思ったのですが、そういう趣旨じゃなかったです。いや近い?

appmarketinglabo.net

 

 キモノについての部分を引用するとこんな感じです⬇︎

 

女子大生:
ちょっと前までは、ここまで「着物を着たい」なんて言われてなかった。むしろ「着物は歩きづらいし、トイレ行きにくいよね」とか言われてた。

でも、みんな手の平を返した。みんなあれ着て歩きたがる。インスタにあげるためですよね。着物レンタルって1日1万円くらいして高いんですけど。

真っ先に「着物が着たい〜」って言い出すヤツとかは、もう頭の中でインスタでいっぱい「いいね」つくのを、ちゃっかり想像してる感じ。笑

 

 まぁ目的はSNSなのかもだけど、個人的には楽しい話です(o^^o)和割とかあるんだ!いいな!

 

前はレンタルのあの妙に発色がいいキモノを見るたびになんともいえない心境になっていましたけど、彼女達にとってはフォトジェニックなキモノなんでしょう。そう思うとなんかいいですね〜(*´∀`)♪

 

f:id:itgreco:20170525230922j:plain

芍薬の、蕾。

 

個人的な主観ですが、日本人って世界の先進国の中では群を抜いて、自国の民族衣装が好きな人の割合が高いですよね。昔と比べたらそりゃキモノを着る人口は減ってるんでしょうし、嫌いな人もいるんでしょうけど……。

七五三、成人式、大学の卒業式、結婚式、この辺りでは着る人も多いから触れ合ったり見る機会もあるし。街で見かけたら、まぁキモノパトロールな方はさておき、割とプラスな目で見られたりもしますしね。「お、姉ちゃんキモノいいね!」とか言われたしね(笑)

他の国だと街中では民族衣装を見ること自体少なさそう。見かけることすらなかったら、更に遠い存在になりそうだし。

 

それを考えると、観光地のレンタルでもなんでもいいからキモノを目にするのって馬鹿にできない効果を生むのでしょう。さ、私も一役買うかな(^◇^)

見るだけでテンション上がるアンティークは断捨離できない

先日実家に帰省したのですが、帰省には箪笥の肥しになっているキモノを見るという裏テーマがあります……(笑)

そう、肥しなんです。私が普段着ない正絹なので、出番がなく、きちんと管理できるかも不安(しかも収納スペースが足りない)なので実家に置き去りにした正絹たち……ひどいね、ごめんね( ;∀;)


今やゆるゆるの太物(ウールや綿)好きの私が正絹を買っていたのは、本当に何も知らなかったキモノ初めの頃です。

初めの頃はとにかくアンティークに心奪われて、銘仙やらお召しやら、何が何だかよく分からないけど「だって可愛いし」の一言で諸々薙ぎ倒しながら、夜な夜なインターネットを漁っていました。こういう人は私だけじゃないはず……( ˙-˙ )


ビジュアル系とも言えるキモノは、うん、今見ても単純に可愛いです♡

f:id:itgreco:20170522220542j:plain

でも着るには勇気がいると思ったのか、案外柄行や色が地味目な辺り、小心者な自分らしいなと思います(笑)

f:id:itgreco:20170522220433j:plain

この深緑も銘仙なんですが、幾何学模様でキュート。これくらいなら躊躇なく着れるかも。ちなみに同じ柄の木綿の単衣持ってるんですが、その木綿、全部模様が刺繍なんですよね。裏見るととんでもないことになってる結構謎な単衣です。

f:id:itgreco:20170522220744j:plain


……と、アンティークと言いつつ地味なのばっかですが、なぜ買ったのか思い出せないインパクトある子を発見。f:id:itgreco:20170522223318j:plain

黒地に赤水黄。ちなみに羽織です、更に着ない(笑)多分「羽織着ると更にアンティークっぽくて◎」みたいなテンションだったのでしょう……。


でもせっかくだし着るかなと、洋服の上に羽織って過ごして見ました。結構薄手。膝くらいまである長丈です。f:id:itgreco:20170522223643j:plain

おおっ、やっぱり派手!(笑)

アンティークだから合わせ方によっては意外と派手じゃなくなるのかな?と思わなくもないですけど……まぁしばらく、本当にしばらく先になりそうです。



整理の観点から見ると、過去も今も使わない、いつ使うかも具体的に分からない、使用頻度が極めて低いこの羽織なんてまさに手放す対象だったりします。手放すべきか……。


いやでも、いいんです持ってて。だって見るとテンション上がるんですもん!自分にプラスに働くものだから無理に処分する必要はないんです。いつかもっとアンティークを気張らずに着られる日が来たら、その時には颯爽と羽織りたいものです(o^^o)


欲しいって言われたら譲りますけどね(笑)