ゆるっとキモノと、ビールと。

ハレではなくケ。ゆるっと着物を着て、楽しくビールを飲めたら最高。

キモノの事前準備……

はしていません(・ω・)笑

 

キモノ本やwebサイトを見ると、「まずは準備をしましょう」と書いてあります。アイテムを揃える準備、事前にしておく準備、アイテムの並べ方……etc.

 

「まずはアイテムが揃わないことには着られないよ」「コーディネートは前日までに決めとこうね」「半襟も縫い付けるんだよ」「着るときにはベストな位置にアイテムを配置しておこうね」「エアコンをつけて快適にしておこうね」という声が聴こえてくるようです笑

 

実際のところ皆さんどうなのか。実態が気になります(周りに着る人がいないので)。

 

私の場合、そもそもキモノを着るのを決めるのが結構直前で。「今日ワンピースにしようかなー、セーターかなー、いやキモノにしちゃおうかなー」位のノリでキモノが選ばれます。そこからは急ピッチで長着を決めて、半幅帯を決めて、足元決めて、着るのに10分ないし位で終わります。

 

割と短時間で着られるのは、おそらくアイテムと工程を省いているからです。例を挙げると……

半襟は縫い付けたまま半襦袢ごと洗って乾かしているので毎回縫い付けなくてよい

②補正はしない(身体が貧相な故の利点)

③冬はウールをチョイスすると、皺が気にならない

④半幅帯だと名古屋帯に必要なアイテム(帯紐、帯揚げ、帯枕)がなくてOK

⑤雨でも平気なアイテムを選んでいるので、天気を気にしなくていい

⑥その他のアイテムも色々省く

 

……書いててただのズボラな人な気がしてきた(´・_・`)笑

 

特別な日のお洒落着としてキモノを着る人、センスがよくて多数のアイテムを使ってキモノを楽しんでいる人なんかはもっとこだわるのでしょう。羨ましい!

ただゆるっとデイリーな感じで着たい人は、いかに力まずにキモノを選べるかって大事かなーと思ったりしました。

 

まぁでも和洋問わず、お出掛け準備があまりにズボラなのもダメですね。先日あまりにギリギリに着替え始めた結果全然間に合わず……後は帯だけだったのに全部脱ぎ捨ててワンピースをざばっと被って出かけました。

↓残骸……

f:id:itgreco:20161027235328j:plain

ごめんよウール(°_°)

やっぱり準備は、大切ということですね笑