ゆるっとキモノと、ビールと。

ハレではなくケ。ゆるっと着物を着て、楽しくビールを飲めたら最高。

ドラマでお着物:迷路荘の惨劇

11月になり、ぐっと冷え込んできました。

とか言ってたら北の方々に「いやいや東京あったかいから」と言われてしまいそうですが、どうにもこの寒くなりたてが一番苦手。身体が慣れないのでひたすら体調を崩してしまい、ティッシュとマスクがお友達状態(鼻炎)。12月も越せば落ち着いてくるんですけどねー、寝込んでばかりでキモノを着るのもままならず、です。

 

しかし着れないなら見たい。

ということで時代背景が古めのドラマを見ることに。金田一耕介シリーズ【迷路荘の惨劇】。なぜ金田一かというと、すみません金田一好きなんです。金田一少年の事件簿にはまり、そこから横溝正史の金田一耕介に手を伸ばしています。まだ読書は5冊位ですが、実家にはずらっと揃っています(気づいたら母が勝手に読破していたためやる気を殺がれた笑)。横溝さん、凄惨な事件の割に設定とか登場する女性陣が魅力的というか魅惑的というかでもうロマンです。金田一ってロマンよね、とか言うと怪しいですね。

今回見たのは上川隆也主演のものなので撮影2002年と新しめ。横溝さんの生誕100周年記念ドラマのようです。

 

金田一耕介の時代設定は戦後。金田一耕介が戦地より帰還してくる……といった記述があったような気がします。獄門島も帰還する船の中で、みたいなシーンがありましたよね。悪魔が来たりて笛を吹くでもGHQが出てきたりしますが、服装は和洋入り乱れの頃。田舎に行けばキモノだし、都会では洋服だし。みたいな感じです。

ドラマでは羽田美智子演じる倭文子(しずこ)が美しき没落貴族として登場します。羽田美智子美しい。キモノはアンティークというよりも復刻系?

f:id:itgreco:20161109185922j:plain

季節は夏。祇園祭なので7月かな?倭文子の帯にトンボがいたり、ちょっとススキや菊など秋を感じる秋草が入っていたりします。半襟は白。夏は白が涼しくさっぱりで素敵ですね。ビーズとか使ってみたい(が洗濯の時に外さないとダメなんですよねー、ずぼらだから躊躇しています)。旦那は紗?の羽織着てますね、スケスケ。

先述の獄門島なんかはキモノ3姉妹が出てくる(&絶海の孤島)のでもっと眼福ではありますが、この上川さん版はすっきり見やすくて分かりやすくて良いです。

 

日常がキモノだった時代。いいなぁとも思いつつ。でも朝ドラのカーネーションでは糸子があっぱっぱ(洋服)に憧れたように、その時代に生きていたら洋服洋服言ってたのかもしれません。カーネーション好きだったなぁ。