ゆるっとキモノと、ビールと。

ハレではなくケ。ゆるっと着物を着て、楽しくビールを飲めたら最高。

雨の日のお客さんと、足元。

今日はスーパームーン

と思ったら東京は生憎の雨天でした。結構楽しみにしてたのに残念だなーと帰宅した、ら。なんと家にお客さんが来ていました。

f:id:itgreco:20161115004252j:plain

ヒキガエル……!笑

以前中野に住んでいた時にも雨の日に道のど真ん中で遭遇したことがありましたが、君は同一カエルなのかしら?٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

さて雨。キモノを着ようかなと思うと立ちはだかる雨問題。

まずは長着で「正絹は雨に弱い」問題があり、紬かウール、綿、ポリで解決し、もしくはかっぱや雨ゴートで解決し、そして更に立ちはだかる足元問題です。皆さんはどうされてるのか。気になります。

 

私の場合、冬だったら即ブーツです。あったかいし、雨も雪もへっちゃら。冬以外は……レインブーツでもいいんじゃない?とも思いますが、ここで無類の下駄好きの私(※下駄ラバーです)としては、雨でも下駄が履きたい。雨草履とかあんまり好みじゃない……何か方法があるはず……うむ、雨でも行ける下駄を作れば良いのだ!(((o(*゚▽゚*)o)))♡

 

そして作ったのがこちら。

f:id:itgreco:20161115005753j:plain

黒塗りの芳町(二枚歯)です(^^)雨対応になっているポイントは6つ。

①塗りにしたことで多少雨に強い(白木や普通の焼きより水が染みない)

②右近や船底に比べて高さがあり、また芳町は踵が出てるので跳ねづらい。

③歯にゴム底を付けたので、滑りにくく&染みにくい

④鼻緒を本革にしたので、綿入りの鼻緒より雨に強い(綿が濡れるとダメになる)

⑤爪革をかければ爪先も濡れない

⑥デイリーユースも可能

 

結構考えに考えてすげてもらった一足。本革の鼻緒が硬めなのが難点です……もっと柔らかい革にしてもらえばよかった泣

でもお気に入りの下駄があるだけで、雨の日がちょっぴり楽しみになります。対応できるぞー!バッチコイ!