ゆるっとキモノと、ビールと。

ハレではなくケ。ゆるっと着物を着て、楽しくビールを飲めたら最高。

ぽっくり復活 2 〜職人技編〜

さていよいよお直し開始。

 

まずは鼻緒選び。いつも赤系の鼻緒なので青系の鼻緒がいいなーと物色。がしかし、「この台は絶対赤だよ、やっぱりぽっくりは可愛く履かなきゃダメだ」と選択肢を絞られる。すみません。

 

結局押しきられて真っ赤な正絹鼻緒に決定しました。というか赤しか選ばせてもらえず(笑)前ツボが赤か黒かの二択でした。ちなみに他のカラフルな鼻緒の見せてもらったけど、そちらは「こんな安モンはダメだ」と却下……なんで置いてるんですかって感じですけど、これが台に合う合わないなんだそう。私のぽっくりは目がギュッと詰まってるいい台らしく、これにちゃちいのは合わないとのこと。うふふ、いい買い物だったかな!

 

ついていた鼻緒をささっと外し、台を瀬戸物で磨き(艶が出て汚れが付きにくくなる)これから付ける鼻緒の説明もばんばんしてもらいます。安物の鼻緒は、鼻緒の中に通る紐が全部均等にねじれていて、足の甲に当たる部分もねじているから当たっていたいんだとか。対していい鼻緒は、中の紐の足の甲に当たる部分は撚っていないから足当たりが優しいんだそう。へぇ、勉強になります。

ちなみに足の厚みと掌の厚みは一緒なんだとか。私の足は凄い薄べったいので、やっぱり掌も薄い。掌をすげ途中の鼻緒に突っ込んで確認。

 

途中で試し履きして、ちょいと調整して、完成!

afterです。

f:id:itgreco:20170514120624j:plain

凛々しい……!なんかゆるふわポップが一気にいい女(お嬢)風になってる!艶やかですね!ぽっくりだけど!ぽっくりなんだけど!(笑)

 

さてbeforeはこんな感じでありました(写真載せていなかった)。POPな感じでこれはこれで可愛いんですが、鼻緒はゆるいし、なんだか黄ばみがあるしでおさらばえ。

f:id:itgreco:20170514003827j:plain

 

裏は穴あきです。

 

f:id:itgreco:20170514120911j:plain

金具がついていましたが革を当ててもらいました。ゴムは前の持ち主がつけたのかな?下駄好きだったんでしょうね、こだわりを感じるのでそのままに。

 

さて4年ぶりに息を吹き返したぽっくり。おっちゃんも満足のいけてる姿に大変身。陽の目を見れるように、いつ履こうかな。