ゆるっとキモノと、ビールと。

ハレではなくケ。ゆるっと着物を着て、楽しくビールを飲めたら最高。

キモノ読本:お気に入り着物十二ヵ月 〜変幻自在なキモノ〜

fussaというユニットが書いた『お気に入り着物十二ヵ月』という本を読みました。

 

とりあえず表紙から可愛いです、半襟たっぷりなアンティーク姿、胸キュンです。

f:id:itgreco:20170518232813j:plain

1月~12月まで、各月をテーマに季節コーディネートをし、それぞれの着物の説明をする、といったオーソドックスな構成の本です。fussaのお二人が和裁出身なので、各月?に着物・和小物だけでなく和裁の道具が載っているのが特徴。あんまり和裁和裁されちゃうと和裁を習ってない身としては「不勉強ですみません」となるのですが、スペースというか分量が小さくて、かつ載ってる和裁用具がちょっとこまくて可愛いのを見ると「あら和裁もいいかも」と楽しくなってきます。単純ですね。

 f:id:itgreco:20170519220358j:plain

 

この本のいいところは、表紙がこてこてのアンティークルックなのに、アンティークだけでなく色々なスタイルの着物を載せていることだと思います。

この単衣なんてモノトーンで結構シックなコーディネート……けれどガーリー♡

f:id:itgreco:20170519220328j:plain

 こちらの薄物は結構控えめで、でもちょっと可愛い。

f:id:itgreco:20170519220549j:plain

 この浴衣姿は色遣いといい柄といい最高!幼稚にならない落ち着いた芥子グラデーション色のひまわりに、黒グレーのブロックチェックの帯ですよ!鷲掴み!ハート泥棒と呼ばせていただきたい!(←

f:id:itgreco:20170519225955j:plain

 

着物のルックブックって、アンティークならアンティーク、カジュアルならカジュアルと結構系統が分かれる本が多いんですけれど、作者の好みがあるから、この本は割と上手くMixしている印象です。

 

私なんかはTHEアンティークを見るのが好きな割に着ないので(理由:ずぼら過ぎて管理ができない)、アンティーク系の本を見ると羨望のまなざしを向けて終わってしまいます。そして「やっぱりカジュアル着物かな……ゆるっと着たいし……」とゆるゆるモードになっちゃうのです。なんだかこう、アンティークだとがっつりしっかり隙なく着なくちゃいけないんじゃないかっていうプレッシャーを勝手に感じてしまうんですよねー……本当に勝手にね。アイテムも多いし。

アンティーク系のブロガーさんに可愛い人が多いのもあるんですが、私お太鼓結べないし、髪も編み込みしてメイクもぱっちりとか、そんな気合い入れなきゃいけないの嫌だしなーみたいな感じ(本当にただのずぼら)。

 

でもこのお気に入り着物十二ヵ月を見ると、いいじゃん別にっていう気持ちになります。結局のところどんなテイストであっても、アンティークでも現代もののでも、その人っぽさというか好みって出るもんなんですよね。それでも滲み出るのがスタイル。きっと私がアンティーク着ても、ヘアメイクをいつもより頑張ったとしても、多分ゆるっとした感じになるんでしょう。そう思うとやりがいがない?せっかくのお洒落なのに変身できない?いやいや、ちょっぴり気楽!そんなポジティブに着物と向かい合っていきたいなぁ。そんな気持ちになりながら読める1冊です。